電力未来物語

これからの電気の使われ方がどうなっていくのか?電力の未来はどうなるのか。
このコーナーでは話題になった電気や電力の物語を紹介していきます。

水素200

実用化が進む「水素エネルギー」

太陽光、風力、バイオマスなどの自然エネルギーに続いて、今話題の再生可能エネルギーといえば「水素エネルギー」です。水素は、酸素と反応すると、電力と熱、水を発生させます。それをエネルギーとして利用するのです。 水素エネルギーには、じつに多くのメリットがあります。まず、水素は水として地球上に無尽蔵に存在す...2014.11.16

詳しく見る

植物工場

植物工場の未来

今年の電気トレンドの1つとしてニュースにも度々取り上げられている植物工場に大手電機メーカーも本格参入し始め、各分野に大きな影響を与え始めています。植物工場は水耕栽培で、閉鎖環境で蛍光灯やLED照明を光源とした「完全人工型」と温室などで太陽光を利用して制御していく「太陽光利用型」があります。 大規模な...2014.10.06

詳しく見る

新サービス:空調システムコントロール、電気代削減システム”Power Management Controller”

空調システムコントロール、電気代削減システム”Power Management Controller™で電気代を大幅ダウン! 詳しくは http://e-sakugen.jp/archives/486...2014.08.05

詳しく見る

改正電気事業法成立(第2弾)

2016年に電力小売りを自由化する改正電気事業法が2014年6月11日、参院本会議で可決しました。第1弾は、すでに決定した全国の電力会社の需給データを管理して全国的な電力融通を行う「広域的運営推進機関」の設立。その第2弾と考えられているのが、今回の家庭向けの自由化です。現在、自由化している企業向けだ...2014.06.11

詳しく見る

大手自動車メーカー4社が充電インフラ構築会社を共同設立

トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、本田技研工業株式会社、三菱自動車工業株式会社(以下、「自動車メーカー4社」)は、昨年7月29日に発表した、電動自動車の充電器の設置活動、および利便性の高い充電インフラネットワークの構築を推進するとの考え方のもと、本年5月26日、新会社「日本充電サービス(合同...2014.05.31

詳しく見る

家庭向け電気料金、東京電力が全国で最も高い電気代に

2014年6月各社が発表するモデル家庭の1ヶ月分の料金により、東京電力の家庭向け電気料金が沖縄電力を抜いて全国の電力会社の中で最も高くなることが朝日新聞の発表で分かりました。沖縄は離島のため発電や送電の費用がかかるため、全国でも最も電気代の高い地域でした。ところが、福島原発事故後の値上げで東京電力の...2014.05.20

詳しく見る

エネルギー費用の値上がり

大手電力会社10社と都市ガス4社は2014年3月28日、5月の新料金を発表しました。消費税増税や原燃料費調整の影響から大きく値上がりし、2009年5月以降の最高値となります。電力10社の値上げ幅は前月比322円~430円、ガス4社の値上げ幅は199円~279円。上がり続けるエネルギーへの対策は待った...2014.03.31

詳しく見る

オフィスビルの節電対策

今冬も政府からの節電の呼びかけがされています。今年度は北海道以外ではある程度供給に問題は出ないとされていますが、やはり日々の電気を使いすぎない事も大切ですね。 オフィスビルの節電対策としては下記のような基本アクションが推奨されています。また、節電対策以外以外にも電子ブレーカーの導入やLEDソリューシ...2014.01.15

詳しく見る

改正電気事業法の成立

11月13日、電力制度改革の端緒となる改正電気事業法が成立しました。今後、2015年まで順次電気事業法を改正し、改革を3段階で進める予定になっています。 第1弾は、全国の電力会社の需給データを管理して全国的な電力融通を行う「広域的運営推進機関」を2015年に設立。 第2弾では、2016年を目処に電力...2013.11.13

詳しく見る

バイオディーゼル燃料による発電事例を電力未来物語でご紹介します

近年話題も多い自然エネルギーの中で、今回は「バイオディーゼル燃料」による発電に注目しました。 バイオディーゼルとは生物由来の油(ひまわり油、コーン油、菜種油など)や、廃食用油(てんぷら油)から作られるディーゼルエンジンを稼働させる燃料の代替燃料です。...2013.09.27

詳しく見る