電力未来物語

高圧電力の料金削減のコツ(前編)

0719
節電は、電気料金を削減するためには大切なことですが、企業や自治体が電力会社と契約する「高圧電力」には、その料金システム上、電気料金削減のコツがあるのをご存知ですか。

高圧電力とは、大量の電力を消費する場合に、一般家庭よりもはるかに高い6000Vの電圧で供給される電力のことです。
その中でも小規模なビルなどで使われる500kW未満の契約を「高圧小口」と呼んでいます。

この高圧小口は、実際に使った電力量で契約電力が決まる「実量制」。
高圧小口を利用している場合の節電は、この実量制を理解したうえで実施することが有効になります。
では、実量制とは、いったいどんな仕組みなのでしょうか。

実量制では、過去12ヶ月間のなかの「最大需要電力」によって契約電力が決められます。
最大需要電力は、1ヶ月の中で、30分間の電力使用量がもっとも大きかったところを基準に設定されるものです。
つまり、高圧小口の1年間の契約電力は、たった30分間の電力使用量で決められてしまう、ということなのです。

たとえば真夏に、空調も照明も機械類もフル稼働させ、一時に大量の電力を消費したとします。
すると、その時間がたった30分だったとしても最大需要電力は大きくなり、その後1年間は契約電力が上がって、基本料金が高くなってしまうのです。

たとえ翌月の最大需要電力が下がったとしても、1年間は基本料金が下がりません。逆に最大需要電力が上がれば、基本料金はさらに上がります。基本料金が高ければ、日々のこまめな節電をいくら頑張っても、焼け石に水という結果になりかねません。

ただし裏を返せば、最大需要電力が極端に大きい月がある場合、節電対策によって、1年後の基本料金を大幅に下げられる可能性があります。
節電すれば、基本料金に加えて、使用量に応じて支払う電気料金も当然安くなりますから、あらゆる点で大きなメリットがあると言えます。

30分単位の電力使用量をコントロールするには、近年普及が進んで節電ソリューションは、このエネルギー使用状況を監視・管理し、エネルギーを見える化するもの。
見える化することで、エネルギー利用の効率化を図り、より有効な省エネ効果を得ることができます。

その他、業務用電力には、月間の使用量に応じた料金プランが用意されているので、最適なプランを選ぶのも大切です。
システムをきちんと把握し、最新テクノロジーを利用しながら、賢く効率的に節電効果を高めていきましょう。

後編へ >>

2016.07.20