電気料金削減対策商品

要冷機制御による省エネシステム「E-VIS」

e-vis top要冷機制御による省エネシステム「E-VIS」は、要冷機に温度センサーと制御器を取り付け最適化制御を行うことで電気代の削減を行います。

「E-VIS」とは?
センサーとソフトウエアを活用して冷蔵機器等をコントロールすることで電力消費を抑え、経費を削減いたします。また、メーカーに依存することなくどの要冷機においても制御が可能なため、システム導入に際し要冷機自体を買い換える必要がありません。したがって、導入コストを低く抑えることができ、多店舗に展開し易いなどのメリットがあります。

「E-VIS」の特徴
1.マルチ要冷機メーカーの製品に対応!買い替えより安価にシステム導入!
「E-VIS」は、データ活用技術に加え、弊社の持つ組込み及びセンサー技術が活かされ、メーカーに依存しないシステムを実現しています。店舗内にある要冷機は様々なメーカー、仕様のものが混在しています。これらを個別の要冷機制御ロジック、グルーピングロジック、店舗全体の電力使用量からの観点からと様々なロジックを組み合わせることが可能な省エネスケジューリングを実現しています。

2.ケースごとの制御が可能!
要冷ケースに温度計を設置し、電磁弁への割り込みを行うことで、ケースごとの温度推移を監視し、最適な温度になるよう制御します。ケースごとに細かく設定ができるので、設置場所による温度ムラなどにも対応します。
また、季節ごとの温度設定も可能で、外気温に合わせた最適化を実現します。

3.省エネ効果が一目瞭然!
「E-VIS」の最大のメリットは、店舗の各要冷機の個別の温度、および制御状況がデータとして取得できることにあります。弊社データセンター内に設けられた管理サーバに蓄積されたデータは、これまで推測でしかなかった省エネ効果を明らかな事実として報告できるものです。本システムを採用した各企業はこれらのデータを日々の省エネ制御のみならず、環境へ取り組む姿勢として広く市場へアピールすることができます。

4.異常をいち早く察知!
各店舗の計測データは管理センターに集約され、WEBシステムによっていつでも閲覧することができます。要冷ケースの状態を監視することで、異常にいち早く気づき、故障による想定外の修理費用や商品撤去に伴う販売チャンスロスを予防します。

図面

導入から運用まで
各種図面をご用意いただきましたら、現地にて視察し、お見積りを作成します。お見積りには、導入にかかわる費用だけでなく、導入後に見込める電力削減効果もシミュレートします。
導入から運用まで

コストシミュレーション
年平均18%〜23%の電力削減実績あり。店舗における要冷機の電力は店舗の電力量の約50%。つまり、店舗全体では約10%の電力削減が見込めることになります。

導入費用および投資回収の一例を以下に示します。
店舗の規模や環境により増減がありますのでご了承ください。
コストシミュレーション

詳しい情報をご希望の方は、ミツイワ株式会社 環境・資源営業部 環境・資源営業課までお問い合わせください。